スタッフブログ

令和2年9月15日「賞与の減額・不支給について」

2020年9月15日

新型コロナウィルスの影響により、業績が下がり、

賞与の支払いが減額されたり、不支給となる報道も多くなってきました。

これから年末賞与も控える中で、

賞与が減額されたり・不支給となったら困る方も多いのではないでしょうか。

労働基準法上の「賞与」の扱いは原則、「賃金」とは異なる恩給的な取り扱いと

なっており、必ずしも支払い義務はありません。

ただし、労働契約や就業規則上に必ず支払う旨が規定されている場合は、

一方的な減額や不支給を行うことは出来ません。労働条件の不利益変更となり、

必ず従業員本人の同意が必要となります。

新型コロナウィルスの影響については、「過去経験したことがないような」という

表現をされることもあり、賞与の支払いにこだわるあまり会社の存続自体に関わる

状況では本末転倒です。

有事が起こる前に労働契約や就業規則など規程類の整備は、

企業規模に関わらず、今の時代は準備が必要であると思います。

 

宮崎

スタッフブログ一覧へ