スタッフブログ

令和2年3月5日 「確定給付企業年金 iDeCoに移管可能に」

2020年3月5日

2022年5月より、廃止となった確定給付企業年金の資産を

個人型確定拠出年金(iDeCo)に移管できるようになる見込みです。

そもそも確定拠出年金と確定給付年金の違いですが、

確定拠出年金は加入者が資産を運用管理し、実際にその実績分を給付する一方、

確定給付年金は企業が資産を運用管理し、予め給付額を確定させているため

運用によりそれに届かなかった場合企業がそれを補填する仕組みです。

そのため企業の負担が多く、解散してしまうケースもあります。

解散した場合これまでは企業型確定拠出年金への移管はできましたが

個人型にすることはできず、転職先で同様の制度がない場合その時点で受け取るか

通算企業年金という制度(企業年金連合会が運用)に移管するかのいずれかでしたが、

自身で運用する個人型DCという選択肢が新たに増えることとなります。

 

野村

スタッフブログ一覧へ