スタッフブログ

令和2年2月14日 「労災や育休は会社に申し訳ないという誤解」

2020年2月14日

先日業務災害で休業中の従業員の方とお話していた際、

「働いてもないのにお金をもらうのは会社に申し訳ないから退社したい」

という申し出がありました。

労災の給付が会社から払われていると誤解されていたので、

「会社は普段労働保険料を納めているから国から支給されるし、

働いていないのではなく働く意欲はあるのに働けない状態にあるのだから

休業補償をもらうことを後ろめたく感じる必要はない」

と伝えると納得していただけたようでした。

業務災害の補償義務は法律上確かに使用者にありますが、

実際には最初の3日間のみ補償し4日目以降は労災保険によってまかなわれています。

同様の誤解として、育児休業や介護休業の給付金についても

会社が支給しているものと勘違いしている人もいるようです。

制度は利用されるためにあるものであり、

そのために会社は毎年労働保険料を納めているのですから

なんらかの事情で働くことができない際は心置きなく受給していただければと思います。

 

野村

スタッフブログ一覧へ