スタッフブログ

令和2年10月14日(水) アルバイトに賞与なし

2020年10月14日

アルバイト秘書として働いた女性が正職員との待遇格差について訴えた裁判で、

アルバイトに賞与がないことは不合理ではないと最高裁で判断されました。

ネット上の反応を見ると、妥当な判断だ、という声が多いように見受けられました。

責任が違うのだから正規と非正規で収入に出るのは仕方がない、

雇用契約時に、「賞与なし」を認識して雇われたのだから仕方がない、

非正規にも賞与を支給しなければいけないとなると雇い主は、たまったものじゃない、

等々の声です。

同一労働同一賃金はわかるのですが、ここで一つ確認したい事は、

賞与は、残業や有給と違って法律に規定されているものではない、ということです。

 

渡辺

 

 

 

 

スタッフブログ一覧へ