スタッフブログ

令和2年1月14日「成人の日」

2020年1月14日

昨日は、「成人の日」の祝日で今年もまた多くの新成人が誕生しました。

2022年4月からは成人年齢が20歳から18歳に引き下げとなります。

 

労働関係法令で、成人年齢が関係する法令としては、以下の通りです。

労働基準法第58条

(未成年者の労働契約)

「親権者又は後見人は、未成年者に代つて労働契約を締結してはならない。」

「親権者若しくは後見人又は行政官庁は、労働契約が未成年者に不利であると

 認める場合においては、将来に向つてこれを解除することができる。」

同第59条

(未成年者の賃金請求権)

「未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、

 未成年者の賃金を代って受け取ってはならない。」

 

法律改正に伴う影響は少ないかと思いますが、

成人になるといってもまだ多くが学生です。

雇用する際には、労働条件の通知や社会の一般常識など

一般の労働者より丁寧に説明する必要は、今までと

変わらず行う必要があるでしょう。

 

宮﨑

 

スタッフブログ一覧へ