スタッフブログ

令和元年12月23日 「複数就業者の労災認定に関する新制度」

2019年12月23日

日本法令の記事からですが、複数就業者の労災認定にあたり、本業と副業の労働時間を合計して残業時間を計算する新制度が来年度中にもスタートする見通しで、労災保険の補償額の計算方式も変更される。現行では労働災害が発生した就業先の賃金に基づき計算するが、これを本業・副業両方の賃金を基に計算するようにする。新制度に関する労災保険法の改正案、来年の通常国会に提出予定。

スタッフブログ一覧へ