当社労士法人の特色

  • ● 給与計算・労働社会保険事務等は、大変な労力を必要とします。
    これらの業務をアウトソースすることにより、企業はこれらの業務に人員を配置する必要がなく、人件費の削減につながるとともに、利益を生む生産活動に専念することができます。
    また、給与・労務担当の社員が退職した場合、後任の選任や、引き継ぎ、教育などが必要となり、時間や経費がかかることになりますが、アウトソースしていればこれらのリスクもなくなります。
  • ● これらの業務は専門的な知識を必要とします。
    優れたコンピュータソフトを導入しても、操作する方に法律的知識がなければ正確な業務処理を行えません。
    当社労士法人では国家資格に基づく知識と経験により、正確かつスピーディーな処理を行います。
  • ● 給与計算と労働社会保険は密接な関係にあります。
    当社労士法人は企業に代わって行政への各種届出ができますので、給与と労働社会保険とのリンクを円滑に行うことができます。
    また、税に関する業務は、提携税理士事務所により処理いたしますので、給与及び労働社会保険に関連する業務は当社労士法人が窓口となり、業務がスムーズに流れます。
  • ● 厚生労働省管轄の各種助成金に関する情報を適宜、企業に提供し、企業発展のサポートをいたします。
  • ● 多様化する雇用環境や働く方々の意識の向上により、労務に関する問題は日々発生する可能性があります。
    当社労士法人では豊富な知識や経験により、適切な対応、アドバイスをさせていただきます。
  • ● 当社労士法人は労働保険事務組合を併設しており、東京、神奈川の川崎、横浜を受託エリアとしています。
    そして、次のメリットがあります。

    • (1) 労働保険料は金額にかかわらず、年3回の分割納付が可能です。
    • (2) 代表者及び役員の方も労災保険に加入できます。
    • (3) 労災保険の上乗せ補償として、労働災害共済への加入もできます。
    • (4) 中小企業退職金共済制度がご利用できます。

 

スタッフ

代表社員:増山 育男

経歴

増山 育男

1969年 県立川崎高校卒業。
1974年 早稲田大学 理工学部 卒業。
1979年 東亜建設工業株式会社 退社後、
中小企業診断士と社会保険労務士の資格を取得。
1987年 増山経営労務管理事務所を開業。
2001年 労働保険事務組合 キャピタルアシストを運営。
2003年 増山経営労務管理事務所を法人化
社会保険労務士法人 マス労務コンサルティングに名称変更。
・・・現在にいたる。

役職・団体等

神奈川県社会保険労務士会 副会長
神奈川県社会保険労務士会 川崎南支部 前支部長
川崎商工会議所 議員 (サービス部会)
労働保険事務組合 キャピタルアシスト 会長

趣味

スポーツ全般、水泳、剣道、柔道(初段)、テニス、スキー、ヨットなど一通りこなすが、一流といえるものは無し。
ゴルフ(ハンディ25いまいち!)、読書(歴史もの)、温泉ハイキング、宴会、カラオケ。

有資格者

社会保険労務士 4名(内 特定社会保険労務士1名)
事務職員    3名
   合計   7名

English