お悩み別:アウトソーシングで業務を効率化したい

「ルーティーンワークに追われて生産性が上がらない・・・」

「給与計算担当社員が急に辞めると言い出した・・・」

 
給与計算業務や、労働保険・社会保険手続業務は、毎月必ず発生する定型的な業務です。
とはいえ、専門知識や会社独自のルールがあるため、すぐに誰でもできるものではなく、担当社員が辞めてしまうと業務がストップしてしまうことも・・・。

そんなお悩みは、専門家にアウトソーシングすることで、一気に解決しましょう!
 

■必要で重要な業務であるものの、人事担当者がルーティーンワークに追われて人事のコア業務に集中できず、結果として生産性が上がらないという話はよくあります。
給与計算や労働・社会保険手続の業務は、社会保険労務士という専門家がおり、アウトソーシングしやすい業務であると言えます。
専門家にアウトソーシングすることで、人事担当者はルーティーンワークから解放され、人事企画など本来の人事業務に集中することができ、生産性の向上、経営の効率化につながります。

 

■給与計算や労働・社会保険手続業務になれた担当社員が急に辞めてしまったら・・・他に業務に詳しい社員がいないため、業務がストップしてしまい、最悪給与支給日に給与が支払えないという、とんでもない事態になりかねません。
業務をアウトソーシングすることで、担当社員が辞めてしまっても、業務は滞りなくスムーズに行われるため、そのようなリスクを背負うことはありません。

 

私たちにお任せください!

  • 業務に精通したスタッフが、正確かつスピーディに業務を行うことで時間の短縮が実現、お客様の業務の効率化につながります。
  • 豊富な知識、経験を持つ専門家と一緒に業務を行うことで、お客様の社員が自然に知識を身に付け、知らずうちに効率的な社員教育の効果を生みます。
  • ルーティーンワークにかかる人件費を抑制でき、コストカットにつながります。

 

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 社会保険労務士法人 マス労務コンサルティング All Rights Reserved.